快適な生活のために|耳が聞こえにくいと感じたら突発性難聴を疑え
女医

耳が聞こえにくいと感じたら突発性難聴を疑え

快適な生活のために

女の人

左右の利用

耳が聞こえ辛いと、人の話が聞こえにくく、テレビや音楽なども楽しめないといった問題があります。補聴器は、聞こえ辛くなった音をサポートするためのものであり、聞こえ具合に適したものを選ぶ事で快適な生活に繋がります。補聴器には耳の穴に入れて使うものや、耳にひっかけて使うタイプなどがあります。一般的に「耳穴型」や「耳かけ型」と呼ばれ、他にも「ポケット型」や「メガネ型」などがあります。耳穴型は直接音を感じる事が出来、耳かけ型は取り扱いが手軽な点が好まれています。補聴器の選び方として、タイプ別に選び利用する際は両耳での利用がおすすめです。両耳で利用する事で、雑音が入りにくく音が聞こえやすくなります。また、どこから音が聞こえているのか方向もわかりやすく、離れた場所から呼ばれても適切に対応出来るのが利点です。

難聴の原因

補聴器の選び方に欠かせないのは、購入前の耳鼻科の受診です。適切な補聴器のためには、現状の聞こえ状態を理解する必要があります。耳鼻科では聴力検査と共に、外耳道や鼓膜など耳の中の異常を調べる事が出来ます。補聴器を利用するにあたり、耳に異常があると難しい場合があるので事前に確認しておくようにしましょう。耳鼻科での検査は難聴の原因も知る事が出来、効率のいい治療にも繋がります。中耳炎や耳垢が詰まっている状態は治療して改善する事が出来るので、補聴器が必要ない場合があります。選び方で迷った際は、「補聴器外来」を利用するのも有効です。専門員と相談して、ぴったりしたものを得る事が出来ます。適切な補聴器の選び方は、聞こえ具合によるものをオーダーメイドで利用する事です。聞こえ方は個人によって違うため、自分だけの聞こえ方に合わせたものを利用する事が必要です。選び方のポイントは、事前の耳鼻科受診です。適切な補聴器は生活を豊かにし、疲れにくい利点があります。